クリニックインフォメーション

2014年7月23日 水曜日

重症の高血圧はきちんと治療を受けましょう。

血圧の異常値は診察室での測定では上の血圧(収縮期血圧)が180以上で下の血圧(拡張期血圧)が110以上で重症の高血圧とされますが、正常の方に比べて脳卒中の発症頻度は7倍、心臓病の発症頻度は5倍になりますので注意が必要です。健診でたまたま高血圧を指摘されても、きちんと治療をお受けになられて下さい。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 二子玉川メディカルクリニック