ホーム > 診療案内 > 内視鏡検査(胃・大腸)

内視鏡検査(胃・大腸)

可能な限り患者様が苦痛とならない内視鏡検査を

当院は消化器系疾患専門のクリニックであり、
胃や大腸などの消化管内視鏡検査を中心に診療をおこなっています。
経験豊富で実績のある専門医がスピーディかつ正確な検査をおこない、
ベストな医療を提供しております。

お一人お一人に合わせた内視鏡検査を

お一人お一人に合わせた内視鏡検査を
当院は消化器系疾患専門のクリニックであり、胃や大腸などの消化管内視鏡検査を中心に診療をおこなっています。
経験豊富で実績のある専門医がスピーディかつ正確な検査をおこない、ベストな医療を提供しております。最新の電子内視鏡システム、高画質超音波画像診断装置、デジタルX線装置などを用いて、ガンの早期発見に努めております。
当院で実施する内視鏡検査は、可能な限り患者様が苦痛とならないようにおこなっています。
ただし、非常に小さくとも体内にカメラが入ってくるため、まったくの無痛検査というのは現実的ではありません。
胃カメラでの検査は、少し戻しそうになる感じ(嘔吐感)であったり、大腸カメラでは腹痛のような感じであったりと、カメラ検査時の苦痛の感じ方は患者さまによって異なります。
そのため当院では、痛みや不快感を軽減されたい患者さまのご要望に応じて、患者さまにかかる負担を軽くする工夫を加えてカメラ検査を行ないます。

胃カメラ検査の有効性

当院で対応でき得る胃カメラ検査の方法は次の通りです。
1)経鼻方式胃カメラ検査

鼻から極細経スコープ(5.9mmで従来の1/2程度の太さ)を挿入します。

これは吐き気の原因ともなる舌根部を圧迫しないので「ゲェッ」とならずに検査をすることができます。
口元は開放されているので会話することも可能です。

2)鎮静剤を併用した胃カメラ検査

人によっては『検査中、眠ったままでいつ終わったか分からなかった』という感覚で受けられます。
最も検査に対して“楽に受けられる”という感じです。

検査後は30分前後休憩してお帰り頂きます。但し薬の性質上、半日くらいは効果が残る場合がありますので、検査後の複雑な作業や飲酒、また自動車の運転はお控え下さい。

3)経口胃カメラ検査

一般的な胃カメラ検査の方式です。のど麻酔はさせて頂きますが、「ゲェッ」となり易いです。
慣れている方もいらっしゃると思います。検査終了後に休まずに帰れることがメリットです。
しかし緊張感が強いと胃の中が十分に観察できない場合もあり得ます。

院長による講演資料
胃がん発見の為の胃カメラ検査の有用性



 

大腸カメラ検査とは

内視鏡により大腸を全体にわたって観察する検査です。内視鏡は肛門から挿入しますが、当院では患者様にやさしい、痛みの少ない検査をおこなっています。他院での検査で痛い思いをされた方や、全大腸の検査ができなかったという方は当院をお訪ねください。経験を積んだ内視鏡専門医が対応いたします。
【検査方法】

1. 問診のチェック、血圧測定などを行ないながら、待機していただきます。
2. ベッドにご案内します。ここで検査用の着衣に着替えていただきます。
3. 検査室に入ります。ご希望によっては鎮痛剤を静脈注射します。心身ともにリラックスしていただいたところで検査を開始します。
4. 検査が済み、はっきりと目覚めた後に着替えていただき、医師からの報告を兼ねた診察となります。
5. ご希望であれば、胃カメラと大腸カメラを同日に検査が可能です。

院長による講演資料
大腸カメラ検査の有用性について