クリニックインフォメーション

2015年1月11日 日曜日

慢性B型肝炎における最近の治療方針

最近のB型肝炎の治療においては、B型肝炎の自然経過、及びPeg-IFN(ペグインターフェロン)と核酸アナログ製剤の薬剤特性をよく理解し、個々の患者さんの病態に応じた方針を決定する必要があります。 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 二子玉川メディカルクリニック